トップ 最新 追記

日々是ダメ人間/雑記

内容は基本的にネタバレ有りです。
SSをお探しの場合は、右下の「ネタ文」をクリックすると一覧が表示されます。

2006|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|07|08|09|10|
2010|01|02|04|06|07|10|11|
2011|01|
2012|01|
2013|01|06|
2014|05|09|
2016|01|02|03|04|08|

Categories | アニメ | アルトネリコ | ゲーム | ネタ文 | バトン | ラノベ | 雑記


2013-01-20 とりあえず今はイクサガが熱いです この日を編集

_ [雑記] 一年ぶりに

お久し振りです生きてました。そして昨年末の冬祭りで何故かロアルカ本(リンク先18禁注意)とか出してました。自分で告知する前に委託先の仲村さんが宣伝してくれてたー本当ありがとう仲村さん(土下座)

そんなわけで一年ぶりにやってきたかと思えばまた告知っていうまるで成長の見られない私めではありますが今年はゆっくりペースで好きなことして過ごそうと思ってはいるのでまたほいっと出てきた時にはよろしくお願いいたします。

あと年始早々良ゲーをコンプしたので久々に感想など。

_ [ゲーム] 華アワセ 蛟編 コンプリート

今は亡きエロゲ雑誌E-LOGiNの女性向け版として誕生した雑誌B's LOGの10周年記念企画、本屋で買える乙女ゲーこと「華アワセ」は花札を題材にした乙女ゲーです。

販売形態としてはDVD-ROMのおまけ付きムック雑誌ということになっており、一般書店で買える上にそのお値段は1500円というロープライス。かといってゲーム部分はやっつけ仕事などでなく骨太のシナリオにあちこちに張られ(て一部があえて未回収のままに終わっ)た伏線、イケメンキャラクターには今をときめく声優陣を起用し、主題歌にはSFC全盛期のRPG世代にはたまらんイトケンこと伊藤賢治氏が関わっていたりなど、微塵も手落ちがない正直わけがわからないよ仕様。製作したのは乙女というかBL系で人気を誇る由良氏率いるWoga(というよりはTennenoujiと言っていいのだろうか*1)、まあメーカー的に乙女ゲ処女作と見てよさそうですが実に手堅い作りとなっています。

華アワセの評判が三国恋戦記の時と似ている(誰に聞いても良いよとしか言わない)、と某さんが口にしていたのですが確かにその通りかもしれない。そんな恋戦記も製作しているのは元アリスブルーの中の人らでしたね……とBL系が乙女に進出すると成功する法則が確立しつつあるのかと新たな時代の風を感じつつ、内容に触れていこうと思います。

ところでこれを見てくれ……こいつをどう思う?

  • 現代日本だけどとある特殊能力とそれにまつわる制度が発達し、それが社会の一部として機能している世界
  • その特殊能力を磨く全寮制学園が舞台
  • 主人公は学園内で一人の異性をパートナーと定めてバトる
  • とあるダメージの回復に肌の接触が必須
  • だが一線超えるのはアウト(能力喪失に繋がる)

すごく……エロゲです……。

正直それしか出てこないくらい舞台設定と雰囲気とイベントの流れ諸々何もかもがこれ何てエロゲ。個人的にはPULLTOPとかAXLあたりのエロゲな印象。事ある毎にスカートめくられるわチューされるわそこはダメっ……!的にまさぐられるわ、とにかくわりと(一部合法な)セクハラ三昧の日々が主人公を待ち受けています。というかそこまでやるならいいからソフ倫通してきてくれマジで。フルプライスでも買うから。中の人はすごく良く似た声の別人がやってくれるに違いない。

主人公のみことたんは黒髪美人なスレンダー巨乳というわがままボディの持ち主でありながらその性格は超天然鈍感ピュアホワイト、古き良き和を体現したかのようなジジババ気質の持ち主。それもそのはずみことたんは天涯孤独の奨学金生活を送る苦労人JK、家事全般はこなせるようで中でも料理が得意。作中でも幾度となく料理の腕を発揮しており、その料理センスは中々にオサレ。だが自分用に作る弁当は(余り物を使うためか)全体的に茶色くなるという庶民派でもあります。おまけにエロゲ主人公によくある何故かヒロインの小声が異様に聞き取りにくくなるスキル「え? 何か言ったか?」とタメを張れるレベルの「下ネタ的単語や動詞の意味が本気でわからない」おぼこスキルの持ち主でもあり、正直言って(感情露出において程度の差はあれども)基本的に劣情を持て余しまくっている周囲の野郎共には本気で同情を禁じ得ません。特に非攻略対象の幼なじみのショウくん(中の人は今をときめくDTの中の人)などは涙なしには語れない。DT捨てる前に死んでたまるかってんだー! いやショウくんは死なないけどな。

そんな調教しがいのありすぎる真っ白すぎて俺色に染めてと言わんばかりの主人公みことたんが暮らす世界では、「華うつし」という華札を用いた競技が栄えており、札に秘められた力を顕現させる「華詠」とその力を増幅させる「水妹」がペアとなって行われます。まあ二人一組で参加する「俺のターン! ドロー!」的な超能力カードバトルだと思ってくれればいいです。また、世界には伝説の「泉姫」と呼ばれる天地を動かしかねん途方もない力を持つ水妹が在るとされ、みことたんはその候補として選ばれ華遷を学ぶための学園「華遷国立学園」へとやってくる……というところから物語は始まります。学園内における華詠のトップ5名は五光と呼ばれ、どいつもこいつもイケメン揃い*2でありながら一癖も二癖もありすぎるミリキ的な野郎の中から、みことたんはパートナーを選ぶこととなります。

また、みことたんを天然鈍感ピュアホワイトと表しましたが、性格的には芯の通ったしっかり者の甘え下手な娘さんです。序盤は美人なだけのぽやっとした子と思いきや、ゲームが進むにつれてごく普通の女子っぽさが見えてきて、乙女ゲヒロインにありがちなハイスペックの持ち主でありながらもわりと人間くさいというか庶民的というか、乙女ゲヒロインにしてはそこそこ身近な印象があります。何よりメッセージウィンドウ横に表示されるみことたんの顔グラが実に多彩かつ活き活きとしており、特に驚きや焦り、嫌悪の表情などは声がなくともプレイヤーの心に直接訴えかけてくるような素晴らしさ。あのくるくる変わる表情群のおかげでみことたんのキャラクターとしての幅が増幅されているように思います。いやあれはマジで素晴らしい*3

ところで本作は「蛟編」とあるように五光の一人である蛟さんのルートのみで構成されているゲームです。つまり途中の分岐で蛟さんを選べばハッピーエンドになるが他を選ぶと……あとはわかるな? 的なハッピーとバッドのエンド割合が1:9という潔いと言えば聞こえがいいがわりと容赦のないゲームでもあります。その容赦のなさといったら流血拷問人死に上等というコンシューマ移植したらセクシャルではなく恐怖・暴力面でCERO Cぐらいは行きそうな勢い*4。とはいえバッドの終わり方はそこまで後味が悪いものではなく、じんわりとやるせなさが漂う程度のものなのであまり構えなくてもいいとは思う。

ゲームの流れは日中に数回学園内を移動してキャラクターと会話したり華うつし(花札ゲーム)してレベルを上げていき、やがてイベントが発生して花札バトルに突入、を繰り返す形になります。この日常からバトルに突入するまでの流れが実に熱い。はぢめての戦闘からラストバトルに至るまで、果てはバッドエンドにおいてもその少年漫画的な熱さは決して失われることがありません。また、華うつしと呼ばれる花札ゲームは学園内でのランキング形式になっており、まず大抵の人がこの花札ゲームに興じてしまい序盤から話を先に進められない症候群に陥ります*5。ゲームをクリアするためにはランク1位になる必要はまるでなく、というか1周目ではランク1位にはなれないので、ランキング制覇は強くてニューゲームが可能な2周目以降で頑張るべし。1周目は適度に勝てるようになったあたりでさっさと物語に戻ることをオススメします。

システム的には既読未読スキップ/バックログ/クイックセーブロードなど一通りは揃っているそつのなさ。コンフィグに非アクティブ時の動作オンオフがあるのはちょっと驚いた。あとパッチが出ているので忘れぬよう。当方のプレイ時間は1周目で15時間程でしたがそのうちの半分くらいは花札ゲームやってた時間です。ちなみにルート分岐時点のセーブデータをロードした場合はクリアデータを引き継がない仕様となっているため、2周目以降は面倒でもクリア後のデータをロードしましょう。スキップ自体は遅くないのでストレスにはならないはず。

以下はネタバレありのキャラ雑感。つーても蛟さん以外全員バッドエンドの感想なんですが。

続きを読む

総評。1500円というロープライス、ルート固定の中規模シナリオ、PCゲームを扱う専門店ではなく一般書店でも購入可能な手の出しやすさ、特徴だけ挙げるとどう見てもエロゲのDVDPG移植です本当にありがとうございました。内容そのものも正直エロゲとしか思えませんでしたが、ガチのエロゲになりきれないストッパー的制約が設定に組み込まれているため、かろうじて本番なしに留まったセフセフ感はいいから大人しくソフ倫通してこい以外に言葉が見つからないものの、物語そのものは実に丁寧かつ少年漫画的な熱い展開も組み込まれた綿密な仕上がりで、カードバトル要素も取り入れたことでプレイヤーを飽きさせない作りとなっている点など、乙女ゲー処女作(ゲーム製作メーカーとしては老舗なのでしょうが)としては舌を巻かずにはいられません*7。この怪作を一般流通に乗せてしまったエンブレの功罪やいかに。

また本作はあくまでも「蛟編」という1キャラ分の物語であり、本作のみでは華アワセという物語の一端を垣間見れたに過ぎません。未だうかがい知れないその全貌を知るためには次作以降も手を出さねばならない分冊百科的な魅力にも長けるという、販売戦略的な手抜かりのなさも末恐ろしく感じます。乙女ゲー界の新たなる革命児、華アワセの今後の活躍にご期待ください。

*1 このへんよくわからないのでおしえてえろいひと

*2 一名顔が見えないというか本作では出番すらないが

*3 なんていうか嗜虐心がアホほどそそられるというか、いっそ襲われてゲームオーバーなスチルがあってくれていいとすら思わせるレベル

*4 まあセクシャルの部分で軽くZ超えしかねないけども

*5 ある意味、恋戦記でいう都督の罠に近いものがあると思う

*6 いたいけな幼女にアレをナニさせるために以下略的な

*7 よって多くの人にプレイしていただきたくはあるんですがでもやっぱソフ倫通してくださいよおー華うつしに負け続けたら陵辱エンドでも全然いいとおもいまーす(まがお)


トップ 最新