トップ 最新 追記

日々是ダメ人間/雑記

内容は基本的にネタバレ有りです。
SSをお探しの場合は、右下の「ネタ文」をクリックすると一覧が表示されます。

2006|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|07|08|09|10|
2010|01|02|04|06|07|10|11|
2011|01|
2012|01|
2013|01|06|
2014|05|09|
2016|01|02|03|04|08|

Categories | アニメ | アルトネリコ | ゲーム | ネタ文 | バトン | ラノベ | 雑記


2009-07-12 アークラプレイ中 この日を編集

_ [雑記] いつのまにか

色々とばたばたしてきたのでしばし潜伏生活→文章の書き方忘れたのでリハビリ、とかやってたら7月になってました。いやあどうりで暑いはずですよねうふふあはは! お久し振りですどうも。

そして戻ってくるなり更新があっちなのはまあそのアレだ、しあわせのためなら何だってするに決まってんだろJK(交換条件的な意味で)とかそんな感じなので察してください。いやほんとすいませんでした&ありがとうございました土下座。

_ [アルトネリコ] 遅くなりましたが自慢とお礼

潜伏してるうちにごまきちさんがキリリク絵をアップしてくださってた!!! 大変今更なのは百も承知ですが全力で自慢しようとおもいます。ごまきちさんお忙しい中色々面倒なリクですいませんでしたと土下座しつつ本当にありがとうございましたー!!


2009-07-18 うんまあ薄々そうじゃねえのとは思ってたけど公式サイト上(のファンサイト)ではっきり言われるとざっくり来るわあ この日を編集

_ [ゲーム] Starry☆Sky~in Spring~ コンプリート

全部遊佐のせいです。

……などと結論から述べてみましたがありのまま数週間前のことを述べるならば、遊佐のCDだけを(ネタ目的で)買いに行ったはずがいつのまにかスタスカ春夏まで手元に揃っていた。な……何を言ってるのかわかr(以下略)とかそんな感じでうっかり手に入れてしまったのでコンプしてみた次第ですサーセン。

一応スタスカとはなんぞやって話から始めると、Starry☆Sky、略してスタスカ。「星座彼氏シリーズ」と謳われる本作品のコンセプトは大雑把に言うと12星座の野郎キャラといちゃこらしようぜ(乙女ゲー的な意味で)というもの。リリース形態は「彼氏になるまで」を楽しむゲーム(+キャラによる星座解説CD)と、「彼氏になった後」を堪能するキャラ別ドラマCDの2種類。つまるところドラマCDはファンディスク的なポジションにあります。ちなみにゲームは12人のキャラを春夏秋冬に3名ずつ振り分けて全4本体制でのリリースです。

ドラマCDは1500円*1というシングルプライスながら1時間強もそのキャラが恋人的一人語り(というか語りかけ)をするという大変ボリューミーな仕様で微妙なお買い得感を煽りますが、一般的なゲームなら「一枚のファンディスクに12人分の内容が詰まって本編よりちょい安価格」であることを考えると、商魂逞しいというか上手い商売だなあと思わずにはいられません*2。ただ、お目当てのキャラだけをピンポイントで価格分楽しめるという点では非常にユーザーライクではありますね。

肝心のゲーム本編はというと、うんまあそのぶっちゃけた話、ゲーム本編はドラマCDを売るための釣り針であって大したことなかろとタカをくくってたら全然そんなことはなかったぜ!! いやなんか普通に、すっげー普通にちゃんとした話のゲームでマジビビった。中の人に色々喋らせておけばいいんだろってレベルの色々が適当で話の筋とか空中分解してそうな出来だとばかり思っててほんとすいませんでした土下座。

物語は異能力も異世界もなんもない普通の学園生活が描かれており、またゲームの目的が相手とくっつく事ゆえに、8割方が(キャラ立てのための)日常描写で占められています。よって事あるごとにキャラとフラグを立てて恋愛エンドに向かう乙女ゲーとは微妙に異なり、物語後半まではキャラ同士の友情物語が続き、ラスト一ヶ月ぐらいでようやくルート分岐してフラグ立てイベント、という趣向です。まあくっついた後は存分にドラマCDで楽しめってことなんでしょう。

プレイ期間は三ヶ月間(=サブタイトルにある季節の間)しかないものの、その短い中で語られる友情(+恋愛)物語は、方向性はベタながらしっかりした話作りとキャラ立て、そして中の人の熱演のおかげで普通に楽しめるゲームに仕上がっています。個人的には乙女ゲーというよりは往年のギャルゲの性別反転版という印象。公式曰く糖度が高めの春ですら、その他乙女ゲーと比べるとわりとあっさり目*3に感じましたし。

ドラマCDについては同メーカーがリリースしている旦那カタログシリーズ(色々な性格の夫キャラがシチュエーション毎に延々語りかけてくるCD)の恋人版という感じ。様々なシチュエーションにおいて中の人が一人語り……というか語りかけをしてきます*4。ちなみにドラマCDはそのキャラの誕生月に今年の1月から一枚ずつリリースされているため、ゲーム本編が出ていないのにゲーム後のCDが先に発売するキャラも多数です。ゲームやってないのにその後の内容聞いて大丈夫なのかと言えば、さして問題はないかなあという印象。終始恋人としていちゃこらしてるだけなので、聞いてるうちに「ああこういうキャラなのね」とわかってくるし、再生する前に公式サイトでキャラの(性格)設定を確認しておけばまず問題ないレベルかと。……で、とりあえずゲーム本編が未発売の遊佐を聞いたんですが、まあうんその何だ……とりあえずちゅぱ音*5が中の人自前なのはよくわかった。あの双子座眼鏡八方美人タイプだが中には踏み入らせないもう愛なんて信じない系の21歳教育実習生は人前自重。

以下は春版の各キャラ雑感的な何かを。ネタバレ含むので隠してみます。

続きを読む

総評。ユーザーの琴線をばんばん弾きまくる豪華かつピンポイントな中の人布陣でそれっぽく作った関連商品売りまくってやんよ、という商魂逞しいシリーズかと思いきや、その中身は大変実直な王道路線の直球勝負作品。リリース形態はどう見ても分割商法です。本当に(以下略)、しかし各商品のクオリティとボリュームで価格のお手頃感を演出し、その上で外しのない中の人布陣で見事なユーザーホイホイを構築しているのは恐れ入った。実際ゲームは普通に面白いし価格分めいっぱい楽しめるし、気に入ったら個別CDに手を出してさらにハァハァしたらいいし、この「気に入ったら手を出してね」という誘い受けと見せかけた誘い攻めっぷり、嫌いじゃないぜ。乙女ユーザーの勘所をガッツリ抑えたhoneybee商法、こ、これからも喜んで釣られてやらなくもないんだからね!!

*1 税抜き

*2 まあゲーム本編の全4本体制もですけど

*3 質が、というよりは量的な意味で

*4 例えば「えっ、どうして笑うのかって? それは……」といった一人芝居状態で

*5 正しくはちっす音

*6 いやそれ当たり前のことなんですけどね! ほんともうガ○トちゃんのおかげで世界が鮮やかに見えすぎて困るよ!!

*7 ルート入ってみたら普通に誰よりも現実(及び主人公)を理解しすぎてて吹いた

*8 最初にノーマルエンド行きの選択肢で進めたせいも大いにあるんだけど……つーかあの蝶追い打ち対応はまさに外道レベル(えー)

*9 まあ誰とは言わないけど某ゆずゆとか(言ってる)

*10 遊佐だけでなくリョクセンコウも小野Dも「CHU」的な音声だったのに杉田だけ「んっ」なのはどういうことだって話


2009-07-20 ニコルかわいいよニコル この日を編集

_ [ネタ文] thrust program(ロアルカ)

ED後ロアルカ。宿題その3ぐらい。

続きを読む


トップ 最新